為替変動要因は?

レディースファッション

レディースファッション通信

【梅雨のじめじめ】今日からできる!簡単な衣服のカビ予防方法教えます☆

読了までの目安時間:約 5分

スポンサーリンク

2015-04-24_191949

 

 

 

じめじめとした季節だからこそ、気になるのが洋服のカビ。

 

特にクローゼットは空気がこもりがちなのでカビが生える可能性が高いです。

 

 

今回は梅雨のカビから大事な洋服を守るための対策をお教え致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

特に気になるタンスやクローゼット

2015-04-23_191244-horz

 

 

洋服をしまっているタンスやクローゼットだけだではなく、押し入れにしまっている布団も注意が必要です。

 

大切な服ほど、そういった空間に保管している方も多いのではないでしょうか。

 

 

湿気は下の方から溜まりやすいので、タンスならば一番下の段を、クローゼットなら床に一番近い場場所を特に気を付けるようにしましょう。

 

また、綿やウールなどの素材のものは、ある一定の水分を含んでいる可能性が高いので、保管するときは十分注意してくださいね。

 

 

具体的にどうしたらいいの?

1.エアコンの活用

2015-04-24_191717

 

暑さや湿気によってカビは増える特徴があるので、高温多湿を避けるためにもエアコンの除湿やドライを使って対策しましょう。

 

また温度を下げた後は、一定の温度であり続けるようにコントロールするとGOOD。

 

2.換気をする

2015-04-24_191634

 

湿気が溜まらないように、空気の通り道をつくってあげるとよいです。

 

外が雨の場合でも、湿度は家の中のほうが高いので窓を開けて換気をしてあげるのがオススメ。

 

また、雨戸などを利用することでなるべく湿気がこもらないように対策をするのもひとつの方法です。

 

3.タンスやクローゼットは開けっ放しで

2015-04-24_191531

 

除湿剤をいれても、締め切ったままでは湿気がこもりがちになってしまいます。

 

押し入れも同様の特徴があるので、来客がないときは開けっぱなしにして風邪通りをよくしてください。

 

また、エアコンや扇風機の風などをいれて、通気性をさらに高めるのもOKです。

 

 

モノを使って湿気対策
・新聞紙は湿気を吸い取ってくれる効果があるので、衣服の下に敷くのがオススメ。

 

・クローゼットの中のハンガーは、防虫や除湿効果のあるヒノキやクスノキでできたものを使うのがBEST。

 

・押し入れやクローゼットの下には、すのこを敷くとカビを発生させにくい効果あり。

 

 

様々な対策をして梅雨を乗り切ろう

2015-04-24_192148

このように原因となる湿気に様々な対処をして、カビを発生させないことが大切です。

 

 

しかし、もしもできてしまったら、カビの殺菌効果のある消毒用のアルコールで対策をするのもひとつの方法ですよ。

 

カビ対策にエアコンなんてもったいないと思う方もいるかもしれませんが、カビが発生してからの事を考えるとはるかに安くつくと思います。

 

 

大切な洋服を守るために、今年の梅雨から衣服のカビ対策を本格的に始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

レディースファッション悩み   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る