為替変動要因は?

レディースファッション

レディースファッション通信

夏にレギンスを穿く女子が男から嫌われる3つのワケとは・・・

読了までの目安時間:約 5分

スポンサーリンク

2015-06-24_181030

 

 

体型カバーのために夏にレギンスやトレンカをコーデに取り入れる方も多いと思います。

 

しかし、女子には強い味方になってくれるアイテムを好きではない男性も少なくありません。

 

 

今回はそんなレギンスを履く女子が男性から嫌われるワケについて詳しく説明いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

1.暑苦しくみえる

レギンスなどは黒っぽいものが多いので、夏のコーデにとりいれてしまうとどうしても暑苦しい印象を持たれてしまいます。

 

男性は暑がりな方も多いので、女子以上に「見ていて涼しいコーデ」を好みやすいです。

 

 

2015-06-24_180000

 

ショートパンツ×レギンスなどはよくやってしまいがちなコーデですが、清涼感がなく爽やかさも感じさせにくいスタイルですので、気になる男性の前ではしないほうが無難だといえます。

 

 

2.色っぽさを感じない

2015-06-24_180439

 

「コンサバ系」のような女らしさを感じるスタイルが好きな男性は意外に多いものです。

 

一緒に歩く女性は魅力的な人がいいと思う男性も少なくありません。

 

 

レギンスやトレンカなどを合わせてしまうと、素肌感がなくなりセクシーさを感じられなくなってしまいます。

 

女らしさを感じにくく、どこか野暮ったい印象を持たれてしまう可能性もあります。

 

 

またおばさんっぽさを感じさせてしまい、知らないうちに恋愛対象から外れていた…なんてこともありますので注意しましょうね。

 

 

3.スタイルが綺麗に見えない

2015-06-24_180636

 

レギンスやトレンカなどで体型カバーをしているつもりでも逆に太って見えてしまっていることもあります。

 

また合わせるシューズにも工夫が必要になってきます。

 

レギンスなどをコーデに取り入れると、どうしても足が短く見えてしまう危険があるのでヒールの高いものを選んで脚長効果を得る必要があります。

 

 

このように似合うシューズが限定されてくると服装もマンネリ化してしまい、新鮮味がなくなってしまいます。

 

 

まとめ

2015-06-24_180848

 

透け感を好む男性にとってはレギンスやトレンカは好感度の低いアイテムです。

 

またこれらを身に着けることによって、逆にあなた自身の魅力が半減してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

 

どうしても生足を出すのに抵抗感がある方はトレンカなどとった重たい印象を与えるアイテムでなく、ストッキングや透け感のあるタイツなどを活用しましょう。

 

素肌感を出すことにより、涼しげで夏らしい印象を与えることができますし、よりお洒落にもみえます。

 

特にタイツはデザインも様々でスリムに見える効果がある柄もたくさんありますので、ぜひコーデに取り入れてみてください。

 

 

普段は夏でもトレンカが欠かせないという方も、今年はぜひ清涼感のある男性ウケのいいアイテムを身につけてひと夏の出会いをものにされてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

レディースファッション悩み   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る