為替変動要因は?

レディースファッション

レディースファッション通信

【心配なし】可愛いうえに大きいサイズがある水着★厳選5選!!

読了までの目安時間:約 6分

スポンサーリンク

2015-06-09_105134

 

 

ビーチでの可愛い水着姿は女子目線で見ていても、楽しいものですよね。

 

しかし中には、『可愛い水着を着こなしたいけれど、サイズがあるかどうか不安でなかなか一歩を踏み出せない…』という方もいるのではないでしょうか。

 

 

そんな方は、必見です!

 

今回は、大きめサイズの水着の中でも特に可愛いデザインのものを5つ厳選してまとめてみました。

 

ぜひ、今年のビーチスタイルの参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

大きいサイズのある可愛い水着5選!!

2015-06-09_104400

 ⇒この水着の詳細はこちら

 

大きめのパレオがついているものなら、気になる場所にサッと巻けて便利ですよね。

 

下半身に巻けば、ロングスカート風に見せられて自然に色っぽさもプラスされちゃいます。

 

貧乳さんやウエスト周りが気になる方は、上半身に巻いてコンプレックスを解消しちゃいましょう。

 

 

また色味も鮮やかで綺麗なので、ビーチによく映えてくれるのもポイント。

 

肝心のビキニは、ワイヤーやパットがしっかりしているのでしっかり胸を盛ることもできます。

 

 

 

2015-06-09_104254

 ⇒この水着の詳細はこちら

 

体型カバーの強い味方といえば、ワンピースタイプの水着。

 

大人気のボーダー柄なら一気にトレンド感が溢れちゃいます。

 

つば広帽子を合わせることで、小顔に見せてもOK。

 

 

ボーダー柄だけど、透け感があり横に膨張してみえないので安心して着られます。

 

可愛くサラッと着こなせるので、産後のビーチスタイルにもオススメのアイテム。

 

 

 

2015-06-09_104155

 ⇒この水着の詳細はこちら

 

胸に自信がある方は、しっかり盛れるタイプの水着を選ぶことで思い切ってアピールしてもOK。

 

コットンレースのティアードフリルがガーリ感を引き立ててくれます。

 

 

ボトムは、サイドのリボンによって、さらに可愛らしさを演出してくれる効果あり。

 

ウエスト部分にはレースがほどこされているので、お腹周りをキュートにカバーしてくれます。

 

ガーリビーチスタイルは、彼受けもばっちり。

 

 

 

2015-06-09_104054

 ⇒この水着の詳細はこちら

 

あえてシックなカラーをチョイスして落ち着いた雰囲気を出すのも○

 

シンプルなデザインなので、派手になりがちなビーチスタイルもフェミニンに決まります。

 

どの年代でも着こなしやすいので、長く愛用できるのが魅力。

 

 

コンプレックスが目立ちやすい前は、しっかりとカバーしてくれる分、後ろ姿で露出し涼し気に見せてくれるので重たく感じさせません。

 

つば広帽子などを合わせれば、より大人っぽい印象になり、キャップ帽を合わせれば、ボーイッシュなスタイルとして楽しむこともできます。

 

 

 

2015-06-09_103719-horz

 ⇒この水着の詳細はこちら

 

ビキニブラ、ショーツ、ショートパンツorロンパースの3点セットなら、ビーチスタイルももう悩まない!

 

インパクトのある花柄は、身にまとっているだけで周りからの注目を浴びれること間違いなし。

 

夏らしく元気でアクティブな印象を演出してくれるのもポイント。

 

 

ノンワイヤーのサッシュホルターなので、長時間着用し続けても疲れないので、思いっきり遊ぶことができます。

 

またホルター部分は太めのデザインになっているので、食い込みにくいのも嬉しいですね。

 

 

まとめ

最近では、このように大きめサイズの水着もデザインが可愛いものが多いのが特徴です。

 

体型をうまく隠しながら、スタイルを美しくみせてくれるものもたくさんあるので、誰でも着やすいのも魅力のひとつです。

 

またコスパもよく、手軽に手に入れられるので気分やビーチに行く相手によって水着を変えられるのも嬉しいですよね。

 

 

今まで水着から遠ざかっていた方も、ぜひ今年の夏は自分にぴったりの可愛い水着を手に入れて、夏を思いっきり満喫してみてはいかがでしょうか。

 

 

⇒大きめサイズの水着がいっぱい☆
【詳細はこちらから】

 

 

 

 

おすすめアイテム紹介 季節別ファッション 夏のレディースファッション 季節別ファッション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る